通信課程でも取得できる

保育士

社会人の受講も多い

幼稚園で教員として働こうとする時、幼稚園教諭免許は必須の資格となります。幼稚園教諭の免許を取得するためには、文部科学大臣が認定した大学や短大、専門学校、大学院で指定の単位を取得し卒業をする必要があります。また、幼稚園教諭には一種免許と二種免許と専修免許の3種類の免許があります。一種免許は、教員養成学科のある大学で所定の単位を取得して卒業した際に得ることができます。二種免許は、専門学校や短期大学で指定された単位を学び卒業をした際に得られます。専修免許は、大学院で所定の単位を取得し卒業をした際に得られるのです。免許によって給与の差がある場合はありますが、どの免許を取得しても教員として幼稚園で働くことができます。幼稚園教諭免許取得のためには、指定された教育機関を卒業する必要があります。指定教育機関には、通信制の大学もあります。大学をすでに卒業している場合は、3年次からの編入が可能なけーすもあります。通信制の学校を利用すれば、社会人の方も学びやすい環境となっています。通信制大学の受講者の中には、子育てを経験した主婦の方もおられます。自分で子供を育てた経験は、幼稚園での仕事に役立ちます。また、保護者の方の気持ちを理解することもできます。幼稚園教諭を取得できる通信制の学校は、全国各地にあります。事前に情報収集をして自分が学びやすい学校を見つけると、無理なく幼稚園教諭の免許を取得することができるのです。

Copyright© 2018 行政書士試験の合否を確認しよう~複数の解答速報を見てチェック~ All Rights Reserved.